Pick up

女子高生のリアルを知るイベントを開催しました!

先月、GMOメディア株式会社、株式会社アダストリアとの三社合同で「00年代生まれ女子高生のリアルを知る!〜ファッション、SNS、勉強の最新トレンドは?〜」と題したイベントを開催しました。

イベントは、各社のトレンド報告が、現役女子高生二人と現役女子大生二人を交えてパネルディスカッション形式で行われました。

 

現在高校生は皆2000年代生まれなのですよね...。私は1998年生まれなのですが、すでに私が高校生だった頃と今の高校生とのトレンドは違うようです。イベントの発表内容の一部をご紹介します!

①シェア・ネイティヴ

LINE、TwitterInstagram...様々なSNSが使われていますよね。

また近年、シェアリングエコノミーのサービスが全体的に伸びています。たとえば、Airbnbは家・部屋のシェアリング、クラウドワークスは個人の知能やスキルのシェアリングです。物も情報もシェアされる時代なのです。

高校生たちは、そういった文化の中で成長していった、「シェア・ネイティヴ世代」と言えます。

SNS

約65%の高校生がInstagramを使っています。そしてInstagramが女子高生たちの消費・活動の原点となっています。これは確かにそうですよね...。インスタ映えしそうなことをして、その様子をインスタにアップするというのはよくあることです。

なんと、ピクニックもそのようなイベントとして人気だそうで...。「おしゃピク」という言葉を聞いたことはありますか?

外国の食べ物やスタバ、ぬいぐるみなどを持ってピクニックをするというものです。なんてインスタ映えなんでしょう...。(例えばこちらの投稿

さらに、体育祭の日、朝早起きして美容院に行き、髪型をセットしてもらう女子高生も多いようです!デコレーションしたメガホンをもって写真を撮る、インスタ映えイベントのようです。

③ファッション

今時の女子高生は、ファッションのトレンドもInstagramから取り入れているようです。雑誌を読んでいるという高校生は減少しています。また、モデルよりも一般人の方が自らの体型や身長と比べて近いので、WEARのようなファッションアプリでどのようなコーディネートをしたらよいかを見ています。

さらに、フリマアプリで買った服を着たり、いらなくなったら売ったりというように、気軽に手に入れて興味がなくなったら手放すということをしている人も一定数いました。なんと女子高生の半数がメルカリを使ったことがあるようですよ。

④勉強

 

スマホで勉強する高校生が増えています。とりわけ、YouTubeを見ている女子高校生が多く、勉強系YouTuberもいるようです。葉一さんの「とある男が授業をしてみた」というチャンネルが特に人気で、チャンネル登録者数は42万人を超えています。まるで塾の授業を見ているようで、わかりやすいです。YouTubeならタダですし、どこでも見れますし、便利ですよね...!!

YouTubeに続いて学習動画アプリ「スタディサプリ」や弊社の学習管理SNS「Studyplus」も多く使われています。

スマホはいつでもどこでも勉強できますし、わからないことがあったらなんでも気軽に調べられるので、普段の学習のみならず隙間時間の勉強にも最適ですよね。

登壇者の女子高校生によると、LINE電話をつなぎながら勉強することもあるようです。基本的には何も話さないのですが、時々「起きてる?」などと声を掛け合って、ゆるく監視するのだそうです。イメージとしてはファミレスで勉強するのをそのままオンラインに持ってきた感じでしょうか。。。

まとめ

 

何をするにもスマホが使われています。また、登壇者の女子高生と女子大生はたった2歳差にも関わらず、すでにトレンドには差があることが分かりました。トレンドはめまぐるしく変化しているようです。一応まだ若者の私からしても、高校生のトレンドはとても興味深いので、これからも注視していきたいです!

 

当日の様子はこちら↓からご覧ください!

https://togetter.com/li/1239350